WSJ 「キム・ヨナの完璧なスピンとジャンプの秘密」

AR-AF026_OlyBod_G_20140205160338.jpg
キム・ヨナの身長は5フィ―ト 5インチでフィギュア選手としては高い方、だが彼女の技術がそれを補ってくれている、
そして彼女の高い身長は氷の上でカリスマ溢れる存在感を彼女に与えている』


2014 Sochi Olympics: Imperfect Bodies, Seeking Olympic Perfection
ウォール・ストリート・ジャーナル」の(2014ソチ:不完全な身体、完璧なオリンピックを追求する)から抜粋、、

キム・ヨナは天上から来たような、そして空気みたいに軽いスケーターとして広く知られている、
-美学的に彼女は銀盤の上で優雅さと運動能力を(一つに結び合わして具体化した)権化であり、
 彼女の高い身長は彼女の脚力とともに彼女をそのレベルに至るよう助力してくれている、
-審判たちは高くて長い手足の体が繰り広げるカリスマ溢れた存在感を素直に受け取る、
キム・ヨナより柔軟なスケーターも、そしてもっと速いスピンを回って、もっと高く跳べるスケーターたちもいるが、
-彼女のように美しさと正確さを兼ね備えた上に全ての要素を成し遂げる選手は他にいない、

-“彼女は筋肉を瞬時に引き締まってはほぐす、そんな訓練をしてるでしょう”と
-全米チャンピオンでNBCのオリンピック解説者であるマイケル・ワイスが言う、
-“ボックスジャンプを考えてみてください、そして地面のはしごを通過して速いステップで走る訓練も”
-“彼女はプライオメトリックエクササイズと氷上外のフィットネスをたくさんしてるからこそ、
 氷の上ではスプリングのように跳ねて回転に拍車をかける事が出来るのです”

キム・ヨナの可憐な肩と上半身に騙されないように、
-彼女の下半身と骨盤は短距離の陸上選手(スプリンター)のようにパワフルだ、
-またキム・ヨナは、彼女の肘と手足が体にタイトに密着するよう完璧に垂直な状態で全てのジャンプに進入するため
-彼女の身体は空気が入る隙が全く存在しない、自らを技術的に完璧なジャンパーとして作り上げたと
 タラ・リピンスキーは言う、


web_208611170_f307db33.jpg

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。