2007中国杯 FP ミス・サイゴン(ロシア語:タラソワ解説)

ice2.jpg



さあ、ここからは

-あ、キム・ヨナ・・

一位の座を一歩も譲れない強力な3人の競技が始まります

-キム・ヨナは本当の才能を持った選手ですね

今年キム・ヨナ選手はブライアンオーサーと一緒に仕事をしています

個人的には彼女がショットでミスをしたと思うのですが、

-彼女の管理はIMGがやってますよね

-IMGもちょうどブライアンオーサー、そしてカナダ側と一緒ですから

SPで彼女はシュトラウスの「こうもり序曲」にあわせて公演しました

今日は「ミス・サイゴン」という映画のサウンドトラックを選びました

-私は個人的にロンドンでミス・サイゴンを観覧した事があります

-ミュージカルの・・

-3F-3To、ナチュラルにやりました

-3Lo

-おぉ!あららら

-エッジチェンジ、ポジション・・

-立ってまた違う4番目のポジション

先の感嘆は繋ぎの事ですか?ジャンプですか?

-ジャンプのことです

たとえ男子選手でもあんなジャンプは出来ませんから

-3Lz-2To-2Lo

-スパイラルです

全てが物差しで測ったように正確ですね

レベル4です

-スパイラルに特別なものは無いけど、とにかく正確です

-アクセル、3To

-しかもプログラムの後半に・・

-まさにこのステップ、本当に素晴らしいです

-ちょっと足りてませんが

あ!可愛い

エッジの使い方が非常に良いです

音楽と一つになって呼吸してますね

-あらら

-ルッツを逃しました

-3S

-後ろ方向からのスピン

-2回・・3回目・・

-レベル4です

-ツイズル、そして方向の転換

-ロッカー

素敵な瞬間です、回転して膝を曲げてから繋ぐ難しい動作です

-ステップでどんなレベルを貰うか気になりますね

-アクセル

-スピン、エッジチェンジ・・曲げて

-エッジチェンジ、傾いて

-レベル3か4・・?

とても速いスケーティングです、技術も凄く速いスピードで繋げてます

繋ぎの動きもすみやかです

-昨年のGPSでWarm-Upしてる彼女は

-最初見た時、正直のろのろで鈍く感じました

しかし突然音楽が始まって

その音楽が彼女の体と頭の中を過ぎった瞬間

完全に変わってしまう彼女の雰囲気は・・

-あの時がキム・ヨナを始めて直接に見た日です

-はい、こういう選手は何・・あまり多くないです

-スパイラルを見てください

キム・ヨナ選手はスパイラルを正確に駆使します

-真央や他の女子選手がやってる特別な動作ではないけど

-彼女は全てのものを正確に行います

-見てください、どれだけすっきりしてるのか

あの時は・・

彼女はもう大人になりました

-もう体の変化も過ぎています

-今年でキム・ヨナはいくつになりますか?

たったの17ですね

-17歳

-はい、本当に良い時期ですね

全てのものを子供の頃から習得しています

-そして思春期が来て体の変化も始まった、

-しかし彼女はそれらを失っていません

-現在真央もその時期を通過するところです

韓国でどうやって全てを学んだんでしょう?

-さあ・・

天性の才能を持った人物はどこでも生まれるわけですから

でもいいマネージャー、

つまりコーチの存在は必須ではありませんか?

-才能を持ったコーチもどこでも生まれますからね

その通りですね

私たちがキム選手を始めて見たのは、

-ここにオーサー、オーサーが彼女の隣にいますね

彼女が優勝したサンクトペテルブルグのGPFでした

-おぉ、いい男になりましたね、見てください

元々ですよ

-はい、元々美男ですけど

テクニック、技術要素の点数は65点

そして演技構成点は56点

それで合計は111点、いや112点

あ、そうじゃなく122点ですね

この点数は彼女の個人最高記録になります

-これは追加技術の点数は適用されなかった結果です

はい、ルッツを除いた点数です

そういえば、これの点数はどこに・・

-7点を足してみてください

-しかしカスケードの点数は適用されたかもね・・

カスケードはルッツと一緒でしたけど


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。