2010オリンピック SP 映画「ジェームズ・ボンド」より(台湾語)

5548298150_7e37db210e.jpg


本人も驚いたようです

すごく高い得点を叩き出しました

しかし以前彼女が出した最高記録75.84には及びません

はい、でもこれは素晴らしい点数です

続いて登場する選手は大変なプレッシャーの中

韓国のキム・ヨナ選手です、韓国では有名人ですよね

氷上の妖精とも呼ばれる選手です

基本的に二人の選手のトリプルジャンプは同じです

3Fと2Aですね

しかしキム・ヨナ選手は3Lz-3Toを飛びます

このコンビの点数は10点くらいです

彼女の出番は23番目で浅田選手のすぐ後です

彼女はこの順番にとても満足していました

記者に負担にならないのか質問されたところ、

先に他選手の演技を見て私の演技を見るのも

審判に良い印象を持たせる事が出来ると

自分の演技に対しすごい自信を表しました

スピードを上げます

彼女の専売特許のジャンプです

わう

3Lz-3Toコンビのジャンプです

非常に高くて飛距離もあります

審判にいつも加点を貰えるジャンプです

彼女の動作は男子並です

3F、綺麗に決めました

やはり高さ飛距離、全てにおいて見事なジャンプです

レイバックスピンです、スピードも良いです

ポジションの変換、ビールマンスピンまで

レベル4を貰います

007から音楽を選びましたが

ジェームズ・ボンドの音楽ですね

はい、ボンドガールを演じます

昨年世界選手権の金メダリストです

今回浅田選手と同様、初めてのオリンピックになります

二人ともトリノ五輪には参加出来ませんでした

美しいスパイラルシークエンス

加点を貰います

2Aを軽く成功させます

デスドロップ、シットスピン、??回転で

姿勢変換、レベル4を貰います

ステップの演技です

面白い動作ですね

審判の前でセンスのある動作

ロッカ、ブラケット、ツイズル

最後のスピン

チェンジエッジ

あ・・このI字スピンは凄く速いですね

このスピンは非常に難しい動作です

難しいスピンで最後のエンディングポーズを飾ります

そうです、すごくオリジナルな演技です

以前浅田選手に2回負けた事のあるキム・ヨナ選手

08年世界選手権と08年GPFでした

今のは全てにおいてとても完璧な演技でした

演技点は浅田選手と互角になりそうです

ジャッジ達の立場では困った状況です

そうですね、点数をどのように与えるか・・

彼女のコーチはブライアンオーサーです

84年と88年五輪の銀メダリストです

(省略)

今季の4大陸選手権には五輪のため出張しませんでした

満足してるように見えます

彼女の演技をスローで見てみましょう

ジャンプが非常に高く飛距離もすごいです

しかもとても綺麗な着氷です

二つ目のジャンプも同じです

やはり高さと飛距離のある3F

今季の4大陸選手権では彼女の欠場で

浅田選手が金メダルを獲りました

それで今回の対決はさらに面白くなりました

あの深いエッジとエッジチェンジを見て下さい

今の3Lzだけで10点という高い点数が貰えます

はい、そして加点も貰って12点の得点です

技術点だけで他の選手を上回ると思います

最初のジャンプだけでも先頭に立てそうですね

そうです、1位を占めてくるでしょう

緊張の瞬間です

浅田選手を上回ることが出来るのか!

先に出した彼女の記録は2009年GPSでの76.28点

わぉ!78.50!!

個人の記録は勿論、浅田選手も追い抜いて

SPで一位を獲得します

すごい点数です

CMの後すぐ

素晴らしい競技を見ましたけど

韓国のキム・ヨナ選手と日本の浅田選手

二人とも素晴らしい演技でしたね

そうです

ではこの二人の違いは何なんでしょう

実際二人の点差は4点くらいに過ぎません

審判はなぜこの二人の選手に

この点差を空けたんでしょうか?

コンビのジャンプでキム・ヨナ選手は

3-3ジャンプに挑みましたけど

彼女の3-3は基礎点が10点です

そこに全てのジャッジに1から2の加点がありました

それで12点を貰います

その反面、浅田選手は3A-2Toのジャンプに挑みました

最初の3Aの着氷が3Fのように安定してなかった

そして二つ目のジャンプは2回転です。

このコンビの基礎点は9.5点にしかなりません

そして加点もあまり貰えませんでした

このコンビだけで

もう二人の間には3点の差が出ます

すごく重要なポイントですね

しかもそのジャンプは二人とも

演技の序盤で跳ぶジャンプなので

そこから差が出てしまうのです

二つ目の3Fはキム・ヨナの場合

飛距離、高さがあって全てのジャッジに

2点程の加点を貰いましたが、

浅田選手の場合0から1の加点しか貰えませんでした

ここでまた1点の差が生まれます

4点の差はそこから生まれたわけですね

そうです

PCSはほぼ同じですよね?

近いですね

しかしキム・ヨナの方がもっと

音楽との調和が良かったと思います

しかも皆が良く知ってる007でしたよね

そして彼女のエンディングポーズ

本当に特別なものでしたね

そうです

フィギュアは選曲もすごく大事たってことが分かります

(後略)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。